カリグラフィーの書体/ローマンキャピタルについて

ローマンキャピタルについて

ローマンキャピタルは古代ローマを起源とし、現在の活字書体の原型であり、手書き文字の規範となった書体です。カリグラフィーにおいても最も基本となる書体であり、カリグラフィーを学ぶ人がまず初めに練習する書体の一つです。まだ小文字が無かった時代の書体であるため、大文字のみで構成されています。キャピタルとは大文字という意味です。

ローマンキャピタルの起源

ローマンキャピタルは、一世紀後半から2世紀の古代ローマで碑文などに使われていた、キャピタル・モニュメンタリスが起源とされています。その後、ペンで書くためにローマンキャピタルが作られました。

column-trajan
トラヤヌス帝の碑文のレプリカ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>