カリグラフィーに使用するペン

カリグラフィーのペンは、ニブと呼ばれる金属製のペン先をペン軸に差し込んで使用します。書く書体の太さや種類によってニブを使い分けます。最も多く使用されるニブはブロードエッジと呼ばれる先が平たくなったニブで、ローマン体、イタリック体、アンシャル体、ファウンデーショナル体、ゴシック体などを書くときに使用します。カッパープレート体は、専用のカッパープレート用のニブとペン軸を使用します。現在国内で入手できるニブは数社あり、スピードボール、ミッチェル、ブラウゼが代表的なメーカーです。これらは世界堂など大きな画材店やネットで購入することができます。ニブの価格は百数十円から高いものでも数百円です。書き味や線のシャープさなどメーカーによって特徴がありますので、まずはいろいろ購入して、試しながら自分の好みのメーカーを探すとよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>