カリグラフィーの書体/カッパープレート体 小文字

カッパープレート体はイングリッシュ・ハンドまたはイングリッシュ・ラウンドハンドとも呼ばれ、16世紀に広く使われるようになり19世紀に最もポピュラーになった書体です。カッパープレートの名前は銅版印刷に使用されたことに由来があります。版は凸版印刷とは異なり、一枚のプレートに彫版工が文字を刻んで作り、フローリッシュ(飾り書き)や装飾を施しました。偽造のしにくさから公文書や債権、証券に使用されました。優雅で華やかな書体は、カッパープレート体はカリグラフィを始めた人にとって憧れの書体の一つですが、習得にかなりの練習を必要とする難しい書体でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>